債務整理を行うと、結婚の際に影響

債務整理を行うと、結婚の際に影響

債務整理を行うと、結婚の際に影響があるのではないかと案じている人がいますが、債務整理をしなくて、多額の借金が残っているほうが問題です。

債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、マイホームを建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。

7年以上間をあければ月賦が組めるようになります。

債務整理をした人の名前は、ブラックリストに載り、それが消滅するまでの5年の間、クレジットカードの審査は通らないと言われます。

でも、5年もしないうちに作成可能な人もいます。

そういう人は、借金を完済している場合が多いです。

信用されたなら、クレカを作成することも可能です。

債務整理には場合によってはデメリットも起こりえます。

一度利用してしまうとクレジットカードなどの借り入れができなくなるのです。

要するに、融資を受けられない状態に陥ってしまって、現金のみでショッピングをすることになってしまいます。

これは結構大変なことなのです。

私は借金をしたことで差し押さえの可能性がでてきたので財務整理を決行することにしました。

債務整理をしてみればかなり借金が減りますし、差し押さえを回避出来る事になるからです。

近所にある弁護士事務所で相談させて頂きました。

家族のような気持ちになって相談にのってくれました。

借金が返せないほど膨れ上がった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と話をして、返済額の調整をすることになります。

このような任意整理が行わますが、その場合に、銀行預金が、凍結されることがあります。

銀行口座にお金がまだある場合は債権者に返済すべきお金として取られてしまうので、任意整理が行われる前に、引き出しておきましょう。

無料相談が出来る相談所

安心して任せられる法律事務所


【相談無料】【全国対応】【即日取立てストップ】

依頼者の85%以上が相談して良かった!と満足の法律事務所
土曜日、日曜日、祝日、夜間と24時間受付可能なので一人で悩まないでまず相談!
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】
粘り強い交渉で、依頼者様に出来る限り有利な条件で和解交渉を締結させます。
家族に内緒の借金もヒミツにしたまま債務整理の手続を進めることもできます。
 
無料&匿名OKの【借金解決診断シミュレーター】
過払い金から債務整理の改善方法を無料・匿名で診断可能!
3つの質問に答えるだけであなたに合った減額方法や返済額がわかります。
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】【全国対応】
実績がぴか一!おしなり法律事務所ならあなたの悩みを解消でいるかもしれません。
まずは、借金の無料相談から始められます。