任意整理について|自己破綻 自己破産ラボ

任意整理について

クレジットローンや消費者金融などからの借金がある場合、自己破産という手段を選択する前に、裁判所を通さずに債権者との和解を行うための手段として任意整理があります。
ここでは、その任意整理について分かりやすくご紹介していきたいと思います。
借金に悩んでいる方は、すぐに自己破産をせずにまずは任意整理が可能かどうか検討してみると良いでしょう。

 

任意整理とは?

任意整理とは、司法書士や弁護士などの専門家が債権者と交渉し、返済方法や利息などの取り決めをしたりする手続きのことを言います。

 

自己破産と大きく違ってくるのが、任意整理は裁判所を通さずに個人で和解することが出来ると言うことです。

 

もちろん、債権者が和解をしないことには始まりませんが、司法書士や弁護士を通せばおおかた和解することが可能のようです。
そして、債務者が求めた和解案が通ればその案に従って利息をカットしたり、3年~5年の期間に借金を返済していくと言うような結論が出ます。
任意整理を行うにあたって1つ注意したいのが、借金を背負っているすべての方が任意整理を行えるのではなく、その債務者に一定の収入があるかどうかと言うこと、そして月々しっかりと支払う能力があるかと言うことがポイントとなります。
それが、不可能と判断された場合は自己破産もしくは民事再生という手段を選択するしかありません。

 

任意整理のメリット

債務者が専門家である司法書士や弁護士などを通して任意整理を行うと、様々な効果が生まれます。

 

まず、裁判所を通さずに個人で和解することが出来たり、個人と言っても和解案などはすべて専門家の方が代理人となって債務者が少しでも借金返済が楽になるように債権者と交渉してくれるので結果がすぐに出ます。
また、いくつかの消費者金融から借金をしている場合でも、特定の債権者とのみの交渉が可能になることも大きなメリットと言えるでしょう。

 

たとえば、保証人に迷惑だけはかけたくないと言う場合やこのローンはちゃんと支払いが出来るなどの選択が可能になります。
そして、任意整理を行った場合、高い利息が0になったりすることも少なくありません。
逆に債権者から過払い金としてお金を返金して貰えるケースもあるようです。
そして、交渉によっては返済期間や方法を債務者側が決めることも可能です。

 

任意整理のデメリット

任意整理を行ったときのデメリットとしていくつかのリスクはもちろんあります。

 

任意整理を行った場合、自己破産を行った場合と同様に、一定の期間クレジットカード会社や消費者金融機関などを使用することが一切出来なくなってしまいます。

 

(約5年~7年程度と言われています)それと同時に、ブラックリストにも自分の名前が記載されてしまうことになります。
また、自己破産のように借金が帳消しになるわけではなくあくまでも利息分意外の元金は3年~5年以内の期間で支払わなければなりません。
債権者側に決定権があると言うこともデメリットの1つと言えるでしょう。

無料相談が出来る相談所

安心して任せられる法律事務所


【相談無料】【全国対応】【即日取立てストップ】

依頼者の85%以上が相談して良かった!と満足の法律事務所
土曜日、日曜日、祝日、夜間と24時間受付可能なので一人で悩まないでまず相談!
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】
粘り強い交渉で、依頼者様に出来る限り有利な条件で和解交渉を締結させます。
家族に内緒の借金もヒミツにしたまま債務整理の手続を進めることもできます。
 
無料&匿名OKの【借金解決診断シミュレーター】
過払い金から債務整理の改善方法を無料・匿名で診断可能!
3つの質問に答えるだけであなたに合った減額方法や返済額がわかります。
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】【全国対応】
実績がぴか一!おしなり法律事務所ならあなたの悩みを解消でいるかもしれません。
まずは、借金の無料相談から始められます。
 
saimu整理頼れる先生/ガ/イドsaimu整理ラボ失敗しない=saimu整理頼れる先生/ガイドsaimu整理頼れる先生+ガイド